LINDBERG・渡瀬マキさん病気公表「声が出ない」

04/11 17:53
LINDBERGのボーカル・渡瀬マキさん(49)が、「機能性発声障害」であることを告白した。

「今すぐKiss Me」などのヒット曲で知られる、LINDBERGのボーカル・渡瀬マキさん。

11日、渡瀬さんはウェブサイトで、機能性発声障害という病気を患い、現在は治療中であることを明かした。

渡瀬さんは、「だんだんと体が弱っていき、いつも苦しくて、何も楽しめなくなってしまい、眠れない食べられない頭痛、吐き気の日々が続きました。いろんな病院で、いろんな診察を受けて、『機能性発声障害』と診断されました」、「のどに違和感を感じ始め、ふとした何気無い会話も苦痛になってしまいました。その後も、しゃべろうとすればするほど声が出ない」などととつづった。

渡瀬さんを襲った機能性発声障害とは、どのような病気なのか。

新宿ボイスクリニック・渡嘉敷 亮二院長は、「声の使い方がおかしくなることで、思い通りの声が出なくなる発声障害。バンドだと、周りの楽器の大きさに負けないように、声を頑張って出してしまうと、声が弱くなっちゃったり、逆に過剰に力が入り過ぎて、絞り出すような声しか出なかったり、自分の思い通りに歌声をコントロールできないとか。ある程度、心理的な部分の治療が必要になるケースも」と語った。

発声方法を見直すことや、休養をとることで、病気の長期化を防ぐことができるという。

渡瀬さんは、「『早く治せるように頑張ります』と書くことはやめておきますね。とにかく、焦らずに頑張らずに、きちんと治療をすることが、今、わたしにできる最善のことだと考えるようにしています」とコメント。

所属事務所によると、渡瀬さんは、回復の兆しを見せてはいるものの、まだ歌を歌える状態ではなく、自宅療養と通院を続けているということだが、2019年4月には、LINDBERGがデビュー30周年を迎えることもあり、渡瀬さんの体調を見ながら、活動再開を目指したいとしている。

渡瀬さんは、「次にみんなと会える時は、心から笑顔で会いたいです。待ってくれてる人がいることが、わたしには希望です。会える日を楽しみにしてるね!」とつづっている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング