安倍首相、自らの関与否定「指示受けた方いない」

04/11 12:11
「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、誘致先の愛媛県の職員が「首相案件」と記した文書を残していたことについて、安倍首相は、衆議院予算委員会で、自らの関与や指示をあらためて否定した。

財務省の文書改ざん、自衛隊の日報に続く新たな問題を受け、安倍首相は、自ら釈明に追われる事態が続いている。

自民党・柴山筆頭副幹事長「安倍総理、この首相案件と記載されたことについて、総理の認識をうかがいたい」

安倍首相「私から指示を受けたという方は、1人もいない」、「プロセスにおいても問題がない、また、私から指示を受けた方もいない」

安倍首相は、「愛媛県が作成した文書へのコメントは控える」と指摘したうえで、獣医学部設置に関する自らの関与や指示をあらためて否定した。

また、特区を担当する梶山大臣は、県側との面会や「首相案件」との発言を否定した当時の柳瀬首相秘書官について、「本人のコメントの通りだ」と語った。

一方、柳瀬元首相秘書官は11日朝、記者団の質問には、一切答えなかった。

柳瀬元首相秘書官は、「国会招致を求められているが」との問いに無言だった。

これに先立ち、自民・公明両党の幹事長らは、11日朝会談し、柳瀬氏の国会招致について、必要があれば与野党で協議する方針を確認した。

自民党・森山国対委員長は、「審議を通じて、必要があれば与野党協議をして実現するのが筋だと思うので、その通りやらせていただきたい」と述べた。

これに対して、野党は、政権の不祥事が相次いでいることに勢いづいている。

立憲民主党・福山幹事長は、「安倍政権にとって都合の悪いことは、虚偽答弁し、文書を改ざんし、資料を隠ぺいするということが常態化している」と述べた。

野党は、柳瀬氏らの証人喚問を引き続き求めるなど、攻勢をさらに強める構え。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング