菅長官「救出手配なぜできなかったか」

01/13 10:57
大雪の影響でJR信越線の列車が半日以上動けなくなった問題について、菅官房長官は会見で、「乗客を救出するための手配をとることが、なぜできなかったのか」と不快感を示した。
菅官房長官は「鉄道事業者にとって、やはり利用者保護の視点というのは、極めて重要なことだと思います。JR東日本に対しては、乗客の救出のために、バスなどの代替輸送機関の手配をとることが、なぜできなかったのか」と述べた。
そのうえで、菅官房長官は、JR東日本に対し、自治体・消防など、関係機関への救援の要請が適切に行われていたのかなどの問題点を検証するとともに、再発防止策を講じるよう国交省から指示をしたことを明らかにした。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース