尖閣諸島周辺 接続水域に中国軍艦

01/11 15:58
尖閣諸島周辺の接続水域内を、潜没した状態の潜水艦と、中国の軍艦が航行したことがわかった。
政府は、尖閣諸島の大正島北東の日本の接続水域内に11日午前、潜水艦と、中国海軍の軍艦が入り、航行したと発表した。
潜水艦は、海面に浮上しないで進む潜没航行をしていたという。
政府は、官邸危機管理センターの情報連絡室で、情報の集約と分析を行っている。
安倍首相は関係省庁に対し、「不測の事態に備え、緊密に連携して対処すること」、「警戒監視に全力を尽くすこと」などを指示した。
外務省の杉山事務次官は、11日午後、中国の程永華駐日大使を外務省に呼び、抗議した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース