東京・香川で鳥インフル疑い

01/10 21:05
東京都と香川県で、鳥インフルエンザの疑いのある鳥が見つかったことがわかり、高病原性かどうか、確定検査が行われている。
東京都によると、1月5日、大田区でオオタカ1羽の死骸が回収され、遺伝子検査でA型鳥インフルエンザの陽性反応が出たという。
環境省は、死骸が回収されたところを中心に、半径10kmを野鳥監視重点区域に指定し、監視を強化している。
また、香川・さぬき市の養鶏場でも、ニワトリが鳥インフルエンザに感染した疑いがあり、県の簡易検査の結果、11羽のニワトリのうち、3羽から鳥インフルエンザの陽性反応が確認された。
高病原性鳥インフルエンザと確認されれば、香川県内では初めてとなる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース