大雨で土砂崩れ相次ぐ 米・カリフォルニア州

01/10 15:41
カリフォルニア州で、大雨による土砂崩れで死者が出ている。
アメリカ・カリフォルニア州南部で9日、強い雨による土砂崩れが相次ぎ、少なくとも13人が死亡し、25人がけがをした。
サンタバーバラ郡当局が公開した映像では、道路一面に土砂が広がり、救助活動をする消防隊員の膝のあたりまで、泥につかっているのがわかる。
これまでに50人が救出されたが、現在も行方不明者の捜索が続いている。
カリフォルニア州南部では、2017年12月、大規模な山火事が相次ぎ、土砂崩れ現場の中には、火事の被害を受け、地盤が脆弱になっていた場所もあるという。
同様に、広い地域で土砂崩れの危険性が高く、消防当局は、避難を呼びかけている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース