カヌー薬物問題「反省してほしい」

01/10 11:50
カヌー競技の鈴木康大選手(32)が、ライバル選手の飲み物に禁止薬物を入れた問題。被害に遭った小松正治選手(25)が10日朝、会見し、「反省してほしい」と胸の内を明かした。
小松選手は「(陽性の)通知を受けて、一番最初に相談したのが鈴木選手だったので、ショックは大きかった。ドリンクボトルから目を離したのは、自分にも責任がある。日本でこういうことが起きるというのは、想像できなかった。(鈴木選手には)しっかり反省してほしいというのが一番ですね」と話した。
この会見の中で、小松選手は、現時点で、鈴木選手から謝罪など直接の連絡がないことを明かしたうえで、すでに提出している警察への被害届や示談などについては、「弁護士、協会関係者と協議したい」と話した。 (石川テレビ)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース